• アートマネジメントコースとは
  • カリキュラム
  • 教員
  • 活動紹介
  • 卒業生
  • 在校生へ

教員紹介

アートマネジメントコースには個性と才能の豊かな教員がそろってます。

教授

岸田 生郎 Ikuro Kishida

オペラ団体、二期会オペラ振興会(現・公財/東京二期会)事務局長を経てサントリーホール開場時から企画制作部長。平成14年に新国立劇場運営財団に移籍し、オペラチーフ・プロデューサー、制作部長、営業部長を歴任。一貫してオペラ、コンサートの公演制作に携わる。(独法)日本芸術文化振興会プログラムオフィサー、(公社)日本演奏連盟理事。 自称ランチ・グルメ、新百合ヶ丘のランチを探索中。お酒好き、以前は飲む一方だったが、現在は美味しいおつまみと楽しいおしゃべりが不可欠。

石田 麻子 Ishida Asako 文化政策論 Ⅱ   [P]

専門は舞台芸術政策論。世界の歌劇場・音楽祭運営の研究が専門。世界中のアーティストや劇場の人達と常に連絡を取り合って、世界情勢の把握に努めています。東京藝術大学大学院修士課程、高崎経済大学大学院博士課程非常勤講師を務め、著書に『日本のオペラ作品』等。『日本のオペラ年鑑』編纂委員。東京藝術大学大学院博士課程修了。学術博士。舞台芸術センターオペラ研究所所属。

岸本 宏子 Kishimoto Hiroko 西洋音楽史   [P]

西洋音楽史研究家。東京芸術大学大学院修士課程とブリンモア・カレッジ大学院博士課程(米)で音楽学、シモンズ・カレッジ大学院修士課程(米)で図書館情報学を学ぶ。専門はルネサンス・イタリアのマドリガーレと音楽図書館学。『ルネサンスの歌物語』(著)、『名曲の旋律学』(訳)、『上手にうたうためのQ&A』(訳)などがある。

武濤 京子 Takenami Kyoko アートマネジメント概論   [P]

広島県生まれの北海道育ち。(財)ヤマハ音楽振興会にて教室運営、コンサート制作(15か国以上訪問)、広報などを担当した後、米国のビジネススクールにて経営管理学修士(MBA)取得。『クラシック音楽マネジメント』監修。本学が立地する麻生区新百合ヶ丘地域のPR担当を自認し、まちづくりに汗を流している。なでしこジャパンのひたむきなサッカーとお好み焼きが大好き。犬派。

根木 昭 Neki Akira 文化政策論 Ⅰ   [P]

岡山県生まれ。大阪大学法学部卒業。法学博士。専攻は文化政策論。旧文部省に入省し、文化庁で文化行政に携わった後、長岡技術科学大学・東京芸術大学教授を経て、2010年から現職。著書に、『文化政策学入門』『文化政策の展開』『文化行政法の展開』など。趣味は、古都奈良の散策(奈良検定1級)、水泳(古流泳法神伝流2段)、バー(お酒)開設、ボーリング、カラオケなど。猫派。

森川 卓夫 Morikawa Takuo 芸術関係法規

京都市生まれ。同志社大学卒業後、コロムビアレコードの制作ディレクターとしてジャズの初デジタル録音などを行う。後に国内制作部門長、㈱ワーナーミュージック・ジャパン法務部長の後、音楽著作権のビジネス・コンサルタントとして活動。
2012年4月より現職。金沢工大大学院知的財産創造システム専攻修了。パフュームからマイルスまで、愛好・研究する音楽は幅広く、かつFacebookを駆使するネット派。ただし犬、猫、酒が苦手(笑)。

客員教授

広渡 勲 Hirowatari Isao 舞台芸術概論   [P]

早稲田大学卒業。東宝演劇部を経てジャパン・アート・スタッフ入社。(財)日本舞台芸術振興会(NBS)東京バレエ団のプロデューサー兼技術監督として、世界の主要歌劇場、バレエ団、オーケストラの招聘、制作、舞台製作を総括。02年NBS退社。舞台演出家としても活躍。00年フランスより「芸術・文化勲章シュヴァリエ」叙勲。趣味は新内、義太夫。犬派。

准教授

香西 史子 Kosai Fumiko 英語   [P]

上智大学大学院文学研究科英米文学専攻博士後期課程単位取得修了。現代英国演劇研究ほか、大学用英語教材、翻訳などを手がける。出版物に『恋に落ちたシェイクスピア』、『エリザベス』、『ハムレット』、『シャイン』(大学用総合英語教材)、『エリザベス—女王への道』(訳書)、舞台作品に『水の記憶』(戯曲翻訳)などがある。猫派。

古橋 祐 Furuhashi Yu 芸術文化環境論   [P]

専門は劇場建築計画、建築デザイン。自らの設計事務所を主宰、建築設計活動の他、劇場コンサルティング、公共団体の劇場計画策定委員等を努める。音楽については雑食性、音が出るものは何でも大好き。現在も合唱団のメンバーとして活動中。早稲田大学理工学部電気工学科・建築学科卒業、同修士課程修了。一級建築士。共著に「劇場空間への誘い」等。新宿生まれの新宿育ち。生粋の江戸っ子。自己分析によれば、AB型+双子座の分裂性格要注意人物。(HP:http://www.furuhashi.biz

専任講師

赤木 舞 Akagi Mai 音楽活動研究   [P]

米国イーストマン音楽学校でピアノを専攻し、帰国後、東京芸術大学大学院にてオーケストラ、劇場等のマネジメントを中心とした研究で博士号を取得。専門は舞台芸術マネジメント論。地域音楽活動(アウトリーチ活動)にも深くかかわり、(財)地域創造「公共ホール音楽活性化事業」のコーディネーターを務めている。大阪生まれ。特技は、たこ焼きをつくること。猫派。AKG48センター。

酒井 健太郎 Sakai Kentaro 音楽情報論   [P]

筑波大学・同大学院で動物系統分類学、現代思想、芸術学を学び、日本の明治期の西洋音楽導入に関する思想の研究で博士号を取得。近年は、近代日本の対外文化政策史に関心を持ち、アジア太平洋戦争期の日本とタイの文化交流事業について調べるほか、音楽を人と人のコミュニケーションとして理解し活用することについても勉強を進めている。趣味は飲食。猫派。

野呂 香 Noro Kaori 英語   [P]

青山学院大学大学院文学研究科英米文学専攻博士前期課程修了。幼い頃よりクラシックバレエをはじめ様々な舞台芸術に携わり英国ロンドンで演技を学ぶ。自己表現能力を高めるツールとしてDrama(演劇)の手法を英語教育に導入・実践。文化交流を目的とした国内外のきものファッションショー等にも多数出演。

助教

佐藤 良子 Sato Yoshiko 企画制作演習

兵庫県出身。京都市立芸術大学・同大学院修士課程ピアノ専攻修了。東京芸術大学大学院にて文化政策・アートマネジメント分野を学び、文化施設における人材の育成方策についての研究で博士号を取得。現在は文化施設運営論、公的芸術文化支援論を中心に研究をすすめている。趣味は散歩、カフェめぐり。犬派。

助手

安間 雅則 Masanori Yasuma   

本学アートマネジメントコース卒業、同大学院修了。公立文化施設を運営する指定管理団体の職員として、事業企画や貸館等の現場経験を積む。ホールを拠点とした草の根的な音楽振興に興味を持っている。自身もアマチュアで、合唱、ジャズアカペラ、ピアノなど広く浅く演奏が趣味。東京生まれの東京育ち。

講師

山本 幸治 メディア運営論Ⅰ

家安 勝利 芸術運営実習Ⅰ

角屋 里子 芸術運営実習Ⅰ

児玉 真 芸術文化と社会Ⅰ

小馬瀬 純子 西洋音楽史

酒巻 和子 西洋音楽史

竹内 ふみ子 オペラ史

村山 久美子 バレエ史

秋 透 音楽基礎研究

前川 道生 簿記・会計入門

丹羽 幸江 日本音楽概論

小島 令子 民族音楽概論

山舘 冬樹 指揮法/合唱

村雲 あや子 和声学

若林 和子 和声学

高頭 伸一 経済学Ⅰ・Ⅱ

金井 喜一郎 情報機器演習

須藤 敬輔 情報機器演習

岩村 哲 音楽人基礎

湯田 育子 音楽人基礎